のびしろ日本一。いばらき県

のびしろ日本一。いばらき県の魅力 いいもの グルメ

いいもの一覧

最高級和牛に、スイーツのようなフルーツ。閲覧の際は、溢れ出るヨダレにご注意ください。

説明不要の納豆

2014.7.8

日本の朝ご飯を、支えています。

茨城といえば、やはり納豆。茨城県内の大豆の作付面積は4440ha(平成22年度)であり、古くから納豆生産が盛んな茨城県には地元ならではなおいしい納豆が揃っています。

品種別では、大粒で豆腐などに使われる「タチナガハ」が51%、小粒で納豆に適した「納豆小豆」が45%となります。納豆用大豆で見れば、北海道に次いで全国第2位の生産量を誇っており、他県に比べて小粒大豆の生産が多いことが特徴です。茨城県の小粒大豆の代表といえば、育成品種「納豆小粒」。糸引きがよく、独特の口当たりと風味があります。小粒の味わいは上品で繊細。日本の朝ご飯にぴったりです。